洋酒、ワイン、ウイスキー、焼酎などお酒買取の業者比較サイト

【酒買取】おすすめ業者を比較して紹介/お酒売却のススメ

お酒を売る方法

お酒を売るには?お酒の3つの買い取り方法

お酒の買い取りを行っている買取業者はいくつかあります。

ほとんどの買い取り業者が下記の3つの買い取りを実施しています。

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

どの買い取り方法が良いかは、どれくらいの量のお酒の買い取りを依頼するのか、どこに住んでいるのか、お酒以外にも買い取りをしてもらいたいものがあるのかどうかなどで変わってきます。

3つの買い取り方法の特徴と、ケース別買い取り方法のお勧めを紹介していきます。

お酒を売りたいならまず問い合わせ

どの買い取り方法で依頼をするにも、まず問い合わせをしましょう。

そして、メールやLINE査定をお願いするのがおすすめです。

リサイクルショップでお酒の買取をしているところもありますが、まずはメールやLINE査定を依頼してみましょう。

リサイクルショップやオークションなどを考える場合も、お酒の買取り専門の業者に査定をしてもらったほうが目安となる金額がわかるのでおおすすめです。

 

納得のいく買取をしてもらうためには、複数業者へ査定を依頼することが必要です。

でも、実物を見ての査定は手間がかかります。まずは手軽にできるメールやLINE査定を使ってみましょう。

お酒の売り方 店頭買取

店頭買取は、店舗をもったお酒の買取店に持ち込みその場で査定をしてもらい買い取ってもらいます。

買い取りが成立するとその場で現金を受け取ることができるので手間が一番省ける売却方法です。

こんな方におすすめ

  • できるだけ簡単に済ませたい方。
  • 買い取りを依頼するお酒の量が少ない方。
  • お酒の買い取りをしてくれる店舗が近くにある方。

店頭買取は手間なくお酒の買い取りをしてもらえますが他の買取業者との査定額を比較しにくいのが欠点です。

特にお酒の知識がない場合、査定額が妥当なものかどうかがわかりませんし、業者によっては人によって査定額を変えるところがあるという話も聞きます。つまり、価値が分かっていなければ本来の買い取り額よりも安く査定をしている可能性もあるということです。

それを防ぐには、複数の業者での買取査定をすることが必要となりますが複数の店舗で査定を依頼というのも大変な手間となってしまいます。

また、チェーン店のリサイクルショップなどではお酒の買い取りが難しいケースも多く、店頭買取を実施している店舗が少ないのも店頭買取の欠点です。

お酒の買い取り方法としてはあまりお勧めはできません。

ポイント

お酒買取専門店【ファイブニーズ】なら電話査定やメール査定で納得したあと、店頭買取を依頼することもできます。

 

お酒の売り方 出張買取

査定員に自宅に来てもらい査定をしてもらうのが出張買い取りです。

出張買い取りであっても、出張料やキャンセル料などが必要がない業者が多いのでまずは頼んでみることをお勧めします。

こんな方におすすめ

  • 買い取りを依頼したいお酒の量が多い。

出張買取の場合、自宅に査定員が来て査定をしてもらいます。

 

査定員が自宅にくることに抵抗がある方や在宅時間が少ない場合は時間の調整がしにくいことが欠点。

また、複数の業者に査定を依頼する場合は時間がかかってしまいますし、他の買い取り業者との比較がしにくいというのも欠点です。

お酒の量が多い場合は出張買い取りがおすすめですが、事前にメールやLINE査定で複数社にざっくりとした査定額を確認をしておくことをお勧めします。

お酒の売り方 宅配買い取り

宅配買い取りは宅配便を使い買い取りをしてもらいたいお酒を業者へ送る方法です。

業者に到着した後、査定が行われ、その結果に納得をしたらそのまま買い取り振り込みで代金を受け取ります。

こんな方におすすめ

  • お酒の量が少な目の方
  • 査定員に自宅に来てほしくない方
  • お酒の買い取りをしてくれる店舗が近くにない方

宅配買い取りでは査定額に納得がいかない場合は品物を返送してもらうことになります

事前にメールやLINE査定を依頼し、大まかな査定額を確認してから業者を選ぶとよいでしょう。お酒の宅配買取の業者のほとんどが査定後のキャンセル時の返送料は客負担となる場合が多いです。また出張買取同様に複数業者への査定が依頼しにくいというのも欠点です。

お酒は重さもあり、割れ物の瓶を使っているものがほとんどです。梱包の手間を考えると宅配買取はおすすめができません。

お酒を売る方法 まずはメールかLINE査定を依頼しよう

お酒の主な買い取り方法を3つ紹介しました。

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

売りたいお酒の量や店舗が近くにあるかなどによって、どの買い取り方法が一番良いかは違ってきますのでよく検討されることをお勧めします。

どの買い取り方法を依頼する場合も、メール査定やLINE査定をあらかじめしておくことを強くお勧めします。

ポイント

本査定の前にメールやLINEで事前の仮査定を依頼しましょう。

複数社に査定を依頼して高く買い取ってくれるところに最終的に依頼をする。というのが理想的なお酒の売却方法ですが、複数社に査定を依頼するというのは店頭買取、出張買取、宅配買取のどの方法であっても手間などを考えると難しいのも事実です。

メールやLINEの査定は現物を見ての査定ではないので、正確な査定額は出ません。ですが、ざっくりとした金額や買い取りをしてもらえる品物かどうかは見てもらうことができます。

また、複数の業者へ依頼するのも簡単です。

メールやLINEでの査定を依頼しその結果で利用する業者を決めてみてはどうでしょうか?

メールやLINEでの査定の前に、電話で相談をすることで買取業者のお客さんへの対応等もわかりますので特に買い取り業者を失敗したくない場合には事前の問い合わせをしておくこともおすすめです。

よいお酒の売却ができたかどうかは金額だけでなく、査定員など対応が良かったかどうかでも変わってきますよね。

査定依頼の前にメールやLINEだけでなく、電話での問い合わせをしておくこともおすすめします。

 

お酒の買取おすすめ業者

バイセル

初めての買い取りでも安心!バイセルは申し込みから査定完了まで対応が早く安心して利用できるシステムづくりがされています。

バイセルの口コミは、「対応がよかった」「他社より高値で買取ってくれた」など評価が高く当サイトでも一番おすすめしたい業者です。

出張買取がメインとなりますが、持込買取・宅配買取もしています。どの買取方法を利用する場合でもまず問い合わせをしてみることをお勧めします。

ただし、ブランデー・ウイスキーがメインとなりますので日本酒や焼酎の買取はしてくれない場合もあります。

ファイブニーズ

お酒の販売免許ももち、独自ルートの販路を持ったファイブニーズ。

豊富な販路を持っているため、他店より高値での買取が可能です。また、他店では断れあれるようなビールや酎ハイなども相談をすることができます。

お酒の買取業者の中では店舗数が多く、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡などに買取専門の店舗があるので店頭での買取も可能です。

出張買取もしていますが、買取品によって主張買取は対応をしてない場合もあるようです。

リカーズ

リカーズはメールやライン査定は実施していませんが、他の業者では断られてしまうような低価格な酒類も買取が可能です。

リカーズに買取査定を依頼すると、段ボールや梱包材のセットを届けてくれます。

発送は宅配業者が引き取りに来てくれるので重たい荷物を運ぶ必要はありません。

処分をしたいお酒の数が少ない、メルカリやオークションなどを考えていたけど梱包を考えると面倒。という場合には特におすすめです!

-お酒を売る方法

Copyright© 【酒買取】おすすめ業者を比較して紹介/お酒売却のススメ , 2019 All Rights Reserved.